歯ぎしりについて|ダイエー西台店5階にある歯医者 せんが歯科

せんが歯科

歯ぎしりについて

皆さまこんにちは🌸
3月に入り少し日差しも暖かくなりましたね。

先日平昌オリンピックも閉幕しました。
各競技とも選手の皆さんが大活躍され
日本はたくさんのメダルを
獲得する事が出来ましたね。
スポーツはするより観る派の私も
大興奮しながらテレビを観ていました。
今まであまり知らなかったスポーツの
楽しさを知る事も出来ました。
2020年の東京オリンピックが益々楽しみです!

ところでアスリートの皆さんを見ていて
思ったのですが
皆さんとても歯が綺麗でした。
競技によっては力を入れる時
歯をくいしばるため歯や歯茎にかなりの
重圧がかかります。
歯や歯茎を守りダメージを与えないためにも
練習の時からマウスピースを使用される
方もいます。

スポーツ以外にも
睡眠時に無意識のうちに歯ぎしりや
食いしばりをされる方もいらっしゃいます。

一般的に歯ぎしりとは
上下の歯を強く噛んだ状態で横に滑らせこすり合わせる動きをいい、歯にダメージを与え、歯の削れが大きく歯が擦り減って平らになるという特徴がみられます。
実際には音のしない歯ぎしりをする人もいるため気づかない場合もあるようです。
結果、歯が割れたり、擦り減ったりする、
被せ物が割れたり外れたりする、
口を開け閉めすると顎が痛い、
原因不明の頭痛や肩こりなど症状は
人様々です。

そのような方には対処法の一つとして、
ナイトガードといって
夜睡眠時に装着するマウスピースのご使用を提案させていただく事があります。

虫歯だけでなくこのようなあらゆるお口のお悩みに対応させていただいておりますので
お気軽にお問い合わせくださいませ。
ご来院お待ち致しております。

ページトップへ戻る