一般歯科|ダイエー西台店5階にある歯医者 せんが歯科

東京都板橋区蓮根3-8-12 ダイエー西台店 5階

せんが歯科

一般歯科

「一般歯科」とは、虫歯や歯周病をはじめとする歯の病気全般の治療のことを言います。
患者さんの口腔内全体の状況を診断して、最適な治療方法をご提案し、進めていきます。

虫歯治療

歯を削り、詰め物をするのが一般的な虫歯治療です。
一度削った歯は元に戻せません。だからこそ患者様の歯は出来るだけ削らずに残して行きたいと当院は考えております。
歯が痛む等の自覚症状がある場合は難しいですが、虫歯も早期のものであれば削らずに治療することも可能です。ですから定期健診を行い、早期発見・早期治療に努めることが肝心です。

虫歯の進行

虫歯は進行状況に応じてC0・C1・C2・C3・C4の5段階に分けることが出来、それぞれ段階に応じて必要な処置が変わります。

C0
image

C0は、歯の表面のエナメル質が透明感を無くし、くすんだ白色になっている状態です。自覚症状が無く、見た目も素人目には気づかないほどの変化しかありません。
この状態の虫歯は丁寧な歯磨きやキシリトールを使用することで健康な歯に戻すことが可能です。定期健診を行い早期発見に努めましょう。

C1
image

C1は、エナメル質が溶けて小さな穴が空いた状態です。穴が空いているにも関わらず自覚症状はありません。
虫歯の部分を取り除き、詰めものを入れる治療を行いますが、痛みを感じることが無いので麻酔を使わず治療可能です。

C2
image

C2は、虫歯がエナメル質の下の象牙質(図の薄ピンクの部分)まで侵攻した状態です。c2になってはじめて自覚症状が表れ、甘いものや冷たいものがしみたりします。一般的に象牙質は、痛みを感じる部位なので、治療においては麻酔を用いることが有ります。虫歯の部分を取り除いた後、金属や樹脂のつめものをして回復します。

C3
image

C3は、虫歯が象牙質を破壊し、神経にまで達したものです。神経の損傷の程度により、激しい痛みを伴います。放置しておくと神経が完全に死んでしまうため痛みが無くなりますが、もちろん完治したわけではありません。
治療には、麻酔を使用することが多いですが、歯髄が既に死んでいる場合は麻酔なしで治療することも有ります。また、以前の治療で歯髄(歯の神経)を除去した歯が、再び虫歯にかかったときもC3に属します。C3は、虫歯による歯の欠損が大きいので、最終的にはかぶせもの(俗称:さし歯)により噛めるようにします。

C4
image

歯全体が虫歯に侵されているため、ほとんどの場合は歯を残すことが難しく、抜歯になります。抜歯後は、インプラント、ブリッジ、義歯などで欠損部を補います。
C4の段階になってしまうと、治療期間も費用も大きく増えてしまいます。そんなことにならない為にも定期健診や毎日のケアが大切なのです。

歯周病

虫歯が歯そのものの疾患であるのに対し、歯周病は歯のまわりの組織(歯根膜、歯ぐき、歯槽骨など)の疾患です。
最初は歯肉の軽度の出血や腫れにはじまり徐々に進行し、歯が少しずつグラグラしはじめ最終的には抜け落ちてしまう恐い病気です。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎のふたつに分けられます。世間一般で言われている歯槽膿漏は、成人性歯周炎をいいます。

歯周病の原因

image

歯磨きをしないでいると、お口の中がネバネバして気持ち悪くなったことがありませんか?このネバネバがプラークです。プラークの中には様々な細菌が存在しており、歯周病の原因となります。
毎日の歯磨きでプラークを取り除くことが大切ですが、特に奥歯や、歯の間、歯ぐき(歯肉)との境目などは歯ブラシが届きにくいので、磨き残しに注意しましょう。

歯周病の治療

ブラッシング指導
image

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。
ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。

スケーリング
image

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。
一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

フラップオペレーション

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合にはスケーリングだけでは歯石を取り除く事が不可能です。
このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯石を取り除きます。
歯周病は痛みが無い為に発見しづらいものです。
最低でも半年に1回は定期的にチェックを受け、進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月のサイクルで来院いただき、安定した歯ぐきの状態を管理していくことが大切です。

ページトップへ戻る