口腔外科|ダイエー西台店5階にある歯医者 せんが歯科

せんが歯科

口腔外科

口腔外科とは

顎・口腔には多種多様な病気が起こります。

  • 顎骨炎
  • 骨髄炎
  • 口内炎(難治性も含む)
  • 顎関節症
  • 神経痛
  • 癌(歯肉癌・舌癌)
  • 口腔心身症

列挙すればきりがないほどです。
口腔外科という診療科は、このように顎・口腔に起こるさまざまな病気の診断を下し、治療をする科でもあります。当院では専門性を必要とする症例の治療は行っておりませんが、必要に応じて専門の病院をご紹介しております。
以下当院で行っている口腔外科の治療です。

親知らずの抜歯

image

口腔外科治療において代表的な治療が親知らずの抜歯です。
親知らずは必ず抜かなくてはいけないものではありません。しかし、横の歯を圧迫している場合や親知らず自体が虫歯になっている場合は抜歯を推奨しております。

顎関節症

image

「口を開けると顎が鳴る」「顎に痛みを感じる」といった症状は顎関節症の疑いがあります。
必要に応じて咬合の調整を行いながら治療を行います。

口腔内のできもの

image

口腔内のできものは、口内炎などの炎症性のものと腫瘍が考えられます。腫瘍には良性と悪性があり、悪性は一般的にがんと呼ばれます。なかなか治らないできものはお早めにご相談ください。
また、口内炎は歯医者で治療が出来ます。
当院ではレーザーやお薬による治療を行っております。特にレーザー治療はレーザーの熱で患部をふさぎ、自然治癒よりも断然早く完治させることが出来ます。

Q&A

Q
親知らずを抜いた後、痛みはありますか?
A
個人差がありますが、麻酔の切れたあとは痛みがあります。翌日からはかなり柔ぎます。
歯肉を切開した場合、縫合し、約1週間で抜糸しますが、通常はその頃には痛みは少なくなっているようです。

ページトップへ戻る