噛んで食べるということ|ダイエー西台店5階にある歯医者 せんが歯科

せんが歯科

噛んで食べる

こんにちは。

ようやく花粉の時期も終わり気持ちよく過ごせるかと思っていたら

まだ5月なのに真夏のような暑い日が続き

気温の変化に体がついていけなくて体調が悪いというお話を伺います。

皆様は大丈夫でしょうか?

今日は咀嚼についてお話をしたいと思います。

食事の時に食物を一口何回噛んでいるか考えたことはありますか?

平均的に約30回程が理想と言われています。

噛むという事は歯周組織に刺激を与え歯周病の予防や唾液の分泌を促す事で

口に中の汚れを落とし、虫歯の予防にも繋がります。

食事を始めてから満腹中枢が反応するまで約20分程かかると言われています。

噛めば噛むほどペースト状になるので

特に高齢者の方にとっては誤嚥防止にもなります。

満腹中枢が刺激されると少ない量で満腹感を得られるため

よく噛むという事は食事制限されている方やダイエット中の方にも

勧められています。

たくさん噛むという事は、簡単なようで意外に難しいことですが

食事の時に意識して一度チャレンジしてみて下さい。

ページトップへ戻る